<   2005年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

【本日3度目】細木数子から学ぶ3つのトーク術

早く仕事が終わり、久々にゆっくりテレビを見る時間があった。

つけたテレビが細木数子さんの番組。すごい説得力。

見ていて感じた細木さんから学べる3つの「良い話し方」。

①常に自信に満ち溢れた態度

②抑揚

③原理原則


①例え心のなかに迷いが合ったとしても、顔に出さない。

営業にしても1対1のコミュニケーションにおいて必ずそこにはイニシアティブが存在する。

常に相手に隙を見せない態度。


②声の張りによって、惹きつけられる。単語が間違っていようと、

「あー、細木さん、読み方間違ってるよ~そんな人信用できないな」

なんて思わせない。ボソボソ同じ内容を喋っていたら、そうなるだろう。


②どうしても人間頭が良くなると小手先の部分に走りやすい。

今日の細木さんも「枝葉末節論」と連呼していた。

一番の大前提に原理原則を見つめ、その上で、細かい部分を言えば、バランスが取れる。

だから、細木さんも細かい部分を言うな、といっていたわけではなく、

大局、目先、両方を大きな視野で捉えろ、といってたはず。




会話を今後一切しない人以外はあの人から得られるものはたくさんあるはず。
[PR]
by exyamoo | 2005-09-28 01:31

【本日2度目】人を惹きつけるアトラクティブな文章の書き方

最近このブログのアクセス数が急上昇している。

もちろん、意図的に上げている。

トラックバックをして露出を高めることはもちろんだが、タイトルには最近気を使う。

最近定期的に読む雑誌でプレジデントがある。

この雑誌の表紙はビジネスマンのかゆいところに手が届きそうな、

「あ、これ読んだら今の自分の悩みが解決できそう」

「あ、これ読んだらもっと成長できそう」

こんな衝動に駆られるようなつくりになっている。

内容が濃いからこそ、定期的に読んでいるのだが、それ以上に表紙の人を惹き付ける文章力には

いつも勉強させられる。

ビジネス雑誌の平均が50点なら、

「魅せ方100点、内容75点」

という感覚。正直、表紙ほどの内容はないが、それでも平均点以上の内容なので、

「お、よさそうじゃん・・・・・・・・な~んだ、読んで損した。。。。。」

ではなく

「お~!!ムチャクチャ惹かれる!・・・・・・・・・・・ふ~ん、買ってよかったカナ」

という感覚。損した気分にはならないから、リピートする。

最近は仕事の関係上、メルマガの文章であったり、サブジェクトについて、案を求められる。

そこでいつもこのプレジデントに教わった見せ方、

「入り口は強烈!でも中身で損したと思わせない」

というところを意識している。

そのコツは、「うそをつかないこと」。

そして、「軽すぎず、重すぎず、くすぐるような」感じ。

あまりに誇張な表現は逆効果。

このブログのサブジェクトもブログを書いている人なら誰もが思う、

「もっとうまい文章が書きたい!」

という願望をくすぐるようにしている。

そして実際にそれがうそではなく、何かヒントを与えられるような内容にしている。

メール

ブログ

メッセンジャー


ビジネスにおいても、プライベートにおいても、「書く」ことが多くなってきた。

この「書く技術」がビジネス力に間違いなく直結する。

トレンドに敏感なプレジデントの最新号で書く技術がタイトルの中心になっている。

「書いて魅せる」ことに対していかにアンテナを張って、学ぼうとする姿勢を持ち続けるか、

今まで以上に重要になってくる気がする。
[PR]
by exyamoo | 2005-09-28 01:10

誰でもヤフーニュースに載る方法

先日愛知万博が終了。個人的には行けず。

反面こんな人も。

なんと万博皆勤賞。ここまでやるとアレだけメジャーな万博であってもオンリーワンになれる。

オンリーワンであれば、話題性、トレンドによりけりではあるが、テレビでも、ネットでも、

一躍有名人になる。ヤフーニュースだってぜんぜん掲載される。

ヤフーに仮に広告として自分の名前を出せば、一日何百万、何千万というお金がかかる。

一点突破全面展開の強さ、一般の人でも一時的にこれだけ自分の価値(世間的な)を高められる。

ただ、この主婦の方の場合は、この知名度を生かしてビジネスをしようだとか、

ブログのアクセスを増やして、アフィリエイトをしようだとか、

このニュースに出て知名度があがるということを、

手段にも、目的にもしていない。

あくまで、「皆勤賞」の産物。


「手段」「目的」「オンリーワン」・・・・この辺がビジネスでうまくいくキーワードとなる。

何を目的とし、どのようなツールを使うか、そのためにじぶんがどうあるべきか。

そういった戦略が、一人のカラーを持ったビジネスパーソンの土台を作るのではないだろうか。
[PR]
by exyamoo | 2005-09-27 23:58

【本日3度目】閉鎖しますので・・・・・

以前のブログにも書いていたPtoPソフト。

最大手のWinMXが閉鎖

僕自身は一切かかわりなかったのだが、周囲の知り合いのなかでは、叫ぶものもいるくらい、

人によってはかなりの出来事。

やはりクロ、との結果。やっぱり、と思う反面、やはりなぜクロかということを理をもって未だ説明できないので、僕自身も、クロ。。。

逆に正統派サイトのSNSも財政難。。。。。

リアルもそうだが、ネットも今後本物志向、しっかりしたものだけが生き残ると見ている。

そうなればネットのモラルも自然と良くなる。
[PR]
by exyamoo | 2005-09-26 07:42

【本日2度目】ゴーン社長が救った我が町

昨日今日と実家に帰る。

周囲の町の名前が変わっていて、ビックリしたが、

それ以上に不思議だったのが、ウチの町がそのままなこと。

一時期、隣の県庁所在地に合併される話がずっと持ち上がっていたが、

ウチの町の財政を担っている某自動車メーカーの景気が良くなり、市町村合併のテーマの一つとなっている

「財政難の解消」

の意味がなくなり、合併の話がなくなったそうだ。

日産を底上げしたのは、カルロスゴーン社長。

ということは端的に言うとゴーン社長がウチの町を救ったことになる。

一人の人間が、会社だけでなく、都市計画まで変えてしまう。

経済の重要性、再認識。
[PR]
by exyamoo | 2005-09-26 01:00

本日のおすすめサイト…1件【完全無料!】

Gyaoに登録してみる。

ニュース、スポーツ、アニメ、ジャンルを問わず動画、というよりもインターネットテレビが全て無料。


宇野薫VS山本KID戦も無料。


今迄から考えれば非常識。

USEN側の収入はユーザーからの視聴料は一切なく、広告主からの広告料のみ。

要は、今のテレビ市場のしくみと同じお金の流れ、ということ。

露出方法もテレビと比べれば多く、テレビの場合1時間当たり15秒×10程度だが、

Gyaoの場合は、番組視聴中に、常にトップバナーが掲載される。15分の番組なら、

CM枠は当然15分。

前のブログでも書いたが、ネット広告市場は大きくなってきている。

今までは動画が見られる環境のある家庭が少なく、採算が合わなくなってきたが、

現在Gyaoは会員240万人。広告枠の作り方も多様化し、Gyaoのようなかたちで、

ますますネット広告市場は大きくなっていくだろう。

そうなれば、ネットの影響力も、だんだんとテレビに近づいてくる。

今までネットの影響力といえば、

2ちゃんとか、

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!とか、

ネットアイドルとか、

SNSとか、

やっぱりネットの域を出ないものがほとんど。


逆にテレビの場合。水泳を例に取ると、最近まで水泳は今ほどメジャーではなかった、

それが2003年に、テレビ朝日が電通とタッグを組んで、スポンサーを集めて、

番組枠をゴールデンに近いところに集めて、今までの世界選手権を、勝手に

「世界水泳」

とわかりやすく名づけて、一気に「変革」を起こし、そこにベストタイミングで力をつけてきたのが、

北島康介。

果たして岩崎恭子が金メダルを取って、ガムのCMに出られただろうか?

アクエ○アスのCMの出られただろうか?

最近知名度アップに伴い、日本選手権の客層も、入場料も、大幅に変化した。

テレビの影響力はここまで及ぼす。

ただ、今後はネットの影響力も、ネット内だけのものにおさまることなく、

リアル側への影響も大きくなっていくはず。

そうなったとき、自分で何が出来るか、それを今蓄える時期。
[PR]
by exyamoo | 2005-09-26 00:44

【本日2度目】ふにゃふにゃ

初めてクリエイティブミーティングに参加。

自分の中で抜擢と思い込む。プラス思考。


会社で取り扱っている広告の冬バージョンの案を出し合ったが、

こんなにも自分の頭が固いのかと、再自覚。マイナス思考。


広告といってもいろいろ。最近特にネット広告の種類が豊富になっている。

うちの会社の広告も、トレンドに合わせて、かなり凝ったつくりになってきている。

背景を考えると、ネット環境が大きい。

ここ2,3年でネット環境はアナログからADSL、光へと普及した部分が大きい。

今までどんな凝った広告を作ったとしても、表示される前に次のページへ飛んでいく。

これじゃあ、手間をかけたのに割に合わない。

それが今やADSLが普及し、ほぼ一瞬でほとんどのページが開けるようになった。

ホント最近の話。ようやく普及も落ち着いてきた。

ネット広告業界からしてみれば、やっと土台が整ったところ。いわばスタート地点。

ここからがクリエイティブの見せ所。今後大手代理店もさらにウエイトを置いてくるだろう。

スタート時点でラジオ越えしたこの可能性は大きい。

このへんのスラムダンクあたりを参考に、

イメージは・・・・・・

「脳みそふにゃふにゃぁ~」
[PR]
by exyamoo | 2005-09-21 23:33

【速報】サルでもできるポッドキャスティング!

ついにできたポッドキャスティング!・・・・・多分。

コレ見ました。

参考
はてな ネットワークウォークマンでPodcastingできますか?

それにしてもiPod以外には不親切な。。。。

僕の場合はスティックウォークマン。

ソニーががんばっていないのか。

僕のアタマが足りないのか。

忘れないうちに、もう一つ参考ページをアップ。自分のためにも。

ポッドキャスティング講座

コレを見たら、配信も出来てしまう。。。。

でもメッセンジャーと同じで、きっとモノ好きだけが音声やりとりするんだろうな。

>くぼたさん

RSS機能とポッドキャスティングって関係深いですよ。
[PR]
by exyamoo | 2005-09-21 22:55

他と差をつけるのは簡単!

夜に近所のコンビニへ。

どことは言わないが、この系列のコンビニはタチが悪い。

若いおにーちゃん⇒舌打ちする
パートのおばちゃん⇒何をするにも覇気がない、覇気が。
おっさん⇒隣にベテランバイトがいないとなんにもできない。
その他、私語、レジ奥で客が来るまでマンガを読んでるetc。。。。そしてキタナイ

ここだけじゃなくて、外出先にこのコンビニに寄ったときも、つくづく思う。


顧客に対するちょっとした気遣いがサービス精神だと思う。

教育如何で高校生のバイトであろうと、サービスを提供できる組織作りがサービス業としての

腕の見せ所。

それが客単価だったり、売り上げにつながる。

一見激戦と思われるコンビニ業界も、意外と当たり前のことが隅まで浸透している会社って少ない。

社会人になって2年だが、コレはどの業界でも同じことが言える気がする。

本当にグレートなカンパニーはなかなかない。

逆にそういう会社にするためにはどうしたらいいのか。

会社の一員として、経営者として、営業マンとして、

いろいろな立場で考えてみると、いろいろな考えが出てくる。

常に経営者感覚を持ち、

「この状況が社長だったらどう判断するか」

ということを考えると、会社に対するロイヤリティー、責任感を持った行動が出来る。

最近人を良く叱るようになったのは、カルシウムが足りないんじゃなく、責任のない行動が

許せなくなっているからだろう。いい傾向。もちろん、感情的にではなく。

この感覚をもっと研ぎ澄まそう。
[PR]
by exyamoo | 2005-09-21 01:48

すばやさが足りない!!

休日ながら、会社へ。

先日お会いした五十棲さん

お礼と+αのメールをする。すげー長文。。

それにしてもお会いしてから3日経過後にレス。

このスピード感が後々大きなチャンスを逃す原因になることは間違いないので、絶対修正。

なによりもその大切さを教えていただいたのは何を隠そう五十棲さんの本やISOZUMINOTE。

「即決即断」

「一点突破全面展開」

今でも心に強く残っている言葉。もちろん、意識は常にしているし行動も出来ている。

ただ、たまに気を抜くと、こんな感じでやることがおろそかになる。

コレが今の自分のレベルなんだと実感。。。。。。ちっぽけ。

すばやさが足りない。

こういうスキルって毎日毎日意識して、経験を積んで、少しづつ身につくものではなく、

感覚的には毎日経験を積み、徐々にではなく、一気にそれが身につく、というほうが近い。

ドラクエのレベルアップのように、その敵を倒すまでは、今まで何時間も何の能力も

あがらなかったのが、ファンファーレとともに、全ての能力が上昇する。

そのレベルアップを信じて、辛抱強く取り組もうじゃないか。
[PR]
by exyamoo | 2005-09-20 05:31