<   2004年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

充実感


「毎日が充実している」

こんな誰もが知っているフレーズを実際に日記に書いている人ってホンの一握りだと思う。

「疲れた」
「だるい」
「後悔」

日常なんてそんなものかもしれない。

でも今の自分はまわりに悪いが充実している。

決して仕事がうまく言っているだとか、人間関係が好循環しているだとか、そういうのではない。

ただ

ひとつの大きな存在のおかげなのは事実。

それによって仕事、プライベート両方にかなり強烈なスパイスを与えられている。

今日は充実感のまま日記を終えるか、それとももうちょっと悩みなんかを吐き出そうか悩んだが、たまには充実感のまま日記を終えたいと思う。

休みが増えたといって喜ぶような時間で仕事をするようなやつは大っ嫌いだが、来月の3連休が楽しみだぁ。これって矛盾じゃないよね?休みを考えるだけで、ワクワクしてくる。だからといって仕事が手につかないだとか、早く今日一日終われだとか、仕事に対して嫌悪感は全くない。仕事にも今は行きたくてしょうがない。全てはヤツの存在のおかげではあるが、これが勢いではなかったと思えるときが来るまでは、両手を挙げて喜ぶのではなく、常に冷静な自分を置こうじゃないか。


よし、今日もワクワクできた一日だったぞ!

明日も仕事だ~!ヨシ!
(ポジティブのまま完結)
[PR]
by exyamoo | 2004-09-21 03:05

ユメ

今日は会社は休みでディズニーランドに行ってきました。

意外や意外、人が多いこと多いこと。ま、夏休み明けといえど土曜日だしね。

着いたとたんにパレード開始。不覚にも泣いてしまった。。。。。パレードで泣くなんて、お前、そこまで純粋じゃないだろ。。。。。。

社会人になり、初めてのディズニーランド。休みといえど社会人は社会人。そのせいもあってただ純粋にディズニーランドを楽しむ自分ともう一人、オリエンタルランドを冷静に(でもないが)視察している自分も。

サービス業としていろいろと見習う部分がたくさんあった。

誰一人として「ふぅ~」っと一息入れたり、日々の義務感から仕方なくやっている、このような顔に一瞬たりともなる者はいなかった。

営業もサービス業。

周囲に見られている、見られていない、こういう違いがあるにせよ、まだまだ自分を含めうちの会社では、お客様との会話での引き際で、諦めであったり、怒りであったり、私的感情を出している。せめて接しているときくらいは気持ちよく終わる。それがお客様を考えるサービス業としての最低条件なのではないか。

そして相手を喜ばせる、ということ。ディズニーランドは老若男女問わず喜びを与え、特に小さい子供には夢を与える。果たして同じサービス業として自分は相手に喜びや夢を与えているだろうか、いや、与えようと本気になっているだろうか?まだまだそう考えると甘い部分がある。人の心を動かすためにはまず最低限自分が本気にならないといけない。営業で言えば、本気で商品のよさを伝えようとしているか。その気持ちが強くなれば、自然と商品知識をつけようだとか、営業トークを磨こう、そのためにロープレをしよう、だとか「努力」を考えるはずである。

パレードのメンバーは並々ならぬ努力を、お客様の目に触れるまでにしているのであろう。スポーツをやっていたせいか、動きでわかる。そのナチュラルさでね。子供たちはもちろんココまで深読みしないだろうが、子供の直感は大人以上で、純粋な気持ちでいいものはいい、だめなものはだめ、と残酷なまでに判断を下す。その子供たちが認めている、パレードはやはり本物である。

んで、話は前後して、何でおれは泣いたのか、考えてみた。泣いたのはパレード中にダンサーの方たちが一緒に踊ろう、と周囲の子供たちに呼びかけ、その呼びかけにとまどいながら応じ、パレードに溶け込み、そして踊りゆく場面。彼ら子供たちにとってこの瞬間は夢を与えられた瞬間で、一生忘れることはないだろう。そんな彼らの一生の思い出に立ち会えた、という感動が涙を誘いました。なんて純粋だったんだろう。

映画を見たり、試合で周りがワンワン泣いていても一人だけ泣けずに

「おれって冷たい人間なのかな」

と、正直不安だったのに。

やっぱり年を重ねるごとに人間涙もろくなるものです。


これからも純粋さは見失わないように。東京のど真ん中にいようとね。
[PR]
by exyamoo | 2004-09-12 01:14

キヲク

最近夜はいなかったり、いろいろあったりで、日記書いてないなぁ~」と
ページを開いてみると、なんと書いてあるではないか、9月7日午前2時。

全く覚えてなかったが、文章を見るとなんとなく思い出してきた。

その日の夜は先述したとおり副社長の食事会あり、さらに副社長の新築のお住まいを見させていただいたり、刺激が多い夜でした。

ただ、後半、酒が入りすぎてしまい、記憶が途切れ途切れに。。。。。

酒のせいだ、とは言わないが他人にも迷惑をかけてしまった。。。。

・・・・・・・ホントごめん。

相手は大丈夫、とは言うけれども、完全に相手の意思を無視した行為。

ただ、おれが言うことではないかもしれないけれども今回の件によってキズナが深まったのもまた事実。ドウダロ

でも、当分はヤツの顔をまともに見れやしないな。普通ぶってはみるけどさ。

ん~変な感情。
[PR]
by exyamoo | 2004-09-09 00:59

徒然

今日は副社長とのお食事会。

「お前らを、この部屋に連れいきたかった」というお言葉を頂き、期待されているんだと実感。

ただ

結果がやはりついてこない。

インカレの打ち上げで(後日詳細アップ予定)寝ていないし、今日は副社長と食事会で

3時の時点で寝てない。。。。。

でも今日はいろいろと学ぶことが多かったので、ちょっといまはよっているので、またあとで書きますが、今日はいろいろと学ぶことが多い日でした。。。。
[PR]
by exyamoo | 2004-09-07 02:55

コウハイ

明日後輩たちを見にインカレに行ってきます。

今日までの結果はネットで見ました、いや~便利な世の中になったもんだ。

後輩たちの顔と、ネットの結果と、そして去年まで4回味わった4年間のインカレの雰囲気を思い浮かべると、なんとなくだけど今年のインカレがイメージできてしまいます。

まぁ、あくまで想像だけど。

世間的には金メダリストが出るってことでちょっとした騒ぎになっているけど、あくまでOBとして、後輩たちを見に、そして夜は。。。。。。。

インカレがやっている、ということは競技から離れて早くも一年がたったということ。

自分は競技一筋で生きてきて、今は競技がない生活をしている。

スポーツを通していろいろ学んだし、恩返しもしなきゃいけないとも思っている。

でも、スポーツ界に就職しようという気にはなれなかった。

意地汚いといわれるかもしれないが、お金のことだとか、地元に残ることで世間知らずになるんではないか、という不安だとか、踏み出せなかった。

人生の先輩方からはたくさんのお誘いを受けたり、また「きちんと恩返しをしなさい」とアドバイスをいただいたり、本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。

でも

やっぱり自分はまだそっちへはいけません。何かもっと大きいことがしたい。「何か」は今でもはっきりはわからないけど。結果的に期待を裏切るような競技とは全く関係のない就職先に4月から就くことにはなりました。でも、競技に対して関心がなくなった、っていうわけじゃない。

そのまま地元のコーチだとか、先生だとか、研究者だとかになってまだまだ発展途上の地元に貢献できる自信はある。大学で学んだ知識だとか、一流に触れた体験経験だけでも、地元が弱い理由はかなりはっきり見えてるし。

でも、目先のことではなく、例えばアマチュアスポーツとして捕らえたとき、やっぱり大きな目で見てマーケティングだとか、経済だとか、全体として物足りないものがまだ見えていない。ぼんやりとは大学生のときでも見えていたし、ただその点に関しては確信は全くないし、プロの目から見て本当にその「ぼんやり」が正しかったのか、というのを確認する必要もある。

地元のコーチは高卒がほとんどだから18とか19で始めている。同級生はすでに経験5年目のセミベテランの領域。

例えばあと3年営業だとか、マーケティングを学んで、地元に帰ってコーチをやれば、コーチン愚に関しては8年の差がある。ただ、これを埋められるような経験をこっちで積めば必ずやでっかいことができると思っている。

・・・・・・・・・・・・。

んぅ~、いいたいことってなかなか文章では書ききれないもんで。

誰がこれを見ているとかではなくて、今の自分の考えを綴ることによって整理してみました。
[PR]
by exyamoo | 2004-09-05 00:40

ダントツ

今は営業をやっています。

成績はそれなりだし、キャラ的に「おれってすごいだろ」っていうオーラを出そうと思えば出せるけど、それは嫌だからあえてしないんで、回りからは普通と思われているだろうに。でも入社から3ヶ月の成績でいえば、本社の新卒のなかではトップだった。一ヶ月で見ると1位になることもないし、一日で10件も件数を上げたこともないので、あんまり目立たない。でも結果的に誰よりも結果を残している。

でも、突き抜けないんだよね。。。。。悩

以前もスポーツで競争社会に自分の身をもう、かれこれ10年以上おいていました。

全国でトップになったこともあるし、逆にどん底も味わった。

その、グラフでいう「右肩下がり」の自分の中で、いろいろと学ぶことも多かった。むしろそのときのもどかしさだとか、人間の暖かさだとか、逆に冷たさだとか。どういう人間が伸びて、どういう人間が廃れていくのか、っていうのがなんとなくわかるようになってきた。実際に自分が知っている前者の人間性を持つ彼は今回のオリンピックでメダルを取った。そしてその教訓はまた自分の生き方にも還元されている。人間を見る目は少しはあるんじゃないかなって。おごりかもしれないけどさ。

話は前後するが、

そのような競争世界で結果を出すための秘訣はひとつ、

「毎日の努力の積み重ね」

これに尽きるという結論に達した。これがきっちりできる人は、スポーツの世界で言えば、もう、ほとんどいない。まぁ、アマチュアだったって言うのもあるだろうが、ぜんぜん甘い。

自分自身そういう一応トップの世界でやれてきたっていう自信はいまだに持っているもんで、そのへんの輩には営業であろうとなんであろうと、ビジネスでも負けないっていう自信はある。

でも、今はその根拠も見つからないので、結果と原因が結びつかない。違いを生み出す違いをいまだに把握できていないということもあり、突き抜けられない。

特に今日に限っていえばほかの人、社員やアルバイトに全く成績が及ばなかった。「今日はたまたま悪かった」で済ましてしまうのはもったいない。ちょっと考えよう。

扱う商材が変化している、というのも地に足がついてないひとつの要因かもわからないが、もっと商品知識だとか、トークだとか、真剣に考える必要がある。

あの人やあの人に、負けるわけがないんだから。


さて、どうやらインカレが始まったようだ。

結果はそれぞれ。気になるヤツは、、、まぁ、良かったようだ。

明日メールでも入れて励ましてやるか。


明日アサッテ連休だけど、悔しいから明日出勤予定。
[PR]
by exyamoo | 2004-09-04 03:27

新鮮な気持ちを

後輩から

「今から出発です、わくわくです」

とメールが来て、去年の今頃、自分は最後のインカレに向けて緊張していただろうと思い浮かべる。

今頃、後輩たちは一年間の集大成を出しつくすべく、年に一度しか味わえない心地よい緊張感の中に自分をおいているんだろう。

今日、うちの会社に中途採用の社員が入社した。

彼も例外なく、きっと朝は、

「今日は新しく入る会社の初出社日だ!」

といつもは朝に弱かろうとシャキッと目覚めたに違いない。

それから実質今日が初日になるインターンに関しても然り。。。

それをただ他人事に受け止めるだけなのはもったいないと、ふと思いました。

おかげで少し新鮮な空気をいただいた気がします。

これが人にいただくようになるのではなく、自分で生み出せるようにならないと。

今は正直その力はありませんな。


今日は上司の転勤によるお別れ会。

たくさんの人が集まり、彼の人柄の良さを感じるイベントとなりました。

自分はその人を目指そうとは思いませんし、目指すことが正しいこととは思っていません。

ただ、その方は営業させてもトップだし、人前でしゃべらせてもメチャメチャおもしろい。

上からの信頼もあって、もちろん、人望も厚い。

んでも何か引っかかる。理由はわからないんです。

ただの嫉妬なのか、反発心なのか、プライドなのかわからないんだけど、

「あの人は目指すべきひとではない」

と、心のどこかで自分が叫んでいるんです。

お別れ会も佳境に入って、抱きつくもの、泣き出すもの、しんみりするもの、周囲がそういう空気になっていくたびに、自分の酔いがさめていきました。


素直じゃないな、、、、と自分について考える、今日この頃です。
[PR]
by exyamoo | 2004-09-03 01:04

tokyobike

久しぶりに早く帰ってきたので、作ってみる。

まだ内容も決まってませんが。仕事の話を入れるのかどうかとか、方向性だとか。

仕事を初めてちょうど5ヶ月、ようやく落ち着いてきました。いい意味でも、悪い意味でも。

昨日、tokyobikeという自転車を購入。
(デジカメが遠いところにあるので写せず。。。。。)

2月ごろ、自転車運転中、人身事故にあって、自転車が大破したので、今回の自転車は実質、タダ。

このtokyobike、いままでの無印だとか、ママチャリだとか、全くわけが違うわけで。

昨日原宿で購入後、まず代々木あたりをつっきるわけだが、もう、この時点で軽さを実感。

んで

あこがれだった、ロードを風のせいか、びびったせいか、たじろいだせいか、涙目になりながら、トラックの脇だとか、踏切待ちしているウン十台の車の横だとかをスイスイとすり抜ける。

タイヤの幅が23(単位は何だったかな)らしくて、店員曰く、かんなりパンクしやすいとのこと。段差のたびに、一人で顔をゆがませる。自宅から会社、注意すべき段差をチェック。

早めにパンク修理セットを常備せねば。修理は高校、大学でちょっと人からお金を取れるくらいやっていたんで、パッチングはお手のものだけど、果たして、通勤途中にパッチングして間に合うのだろうか、否。。。

明日あたり、後輩どもはインカレに出発しているだろうに。

みんな頑張れ~!柴田亜衣は金メダル取ってもインカレ普通に出そうだな。。。。。。
[PR]
by exyamoo | 2004-09-02 00:05

tokyobike

Excite エキサイト : ブログ(blog)
[PR]
by exyamoo | 2004-09-01 23:42