本日のおすすめサイト…1件【完全無料!】

Gyaoに登録してみる。

ニュース、スポーツ、アニメ、ジャンルを問わず動画、というよりもインターネットテレビが全て無料。


宇野薫VS山本KID戦も無料。


今迄から考えれば非常識。

USEN側の収入はユーザーからの視聴料は一切なく、広告主からの広告料のみ。

要は、今のテレビ市場のしくみと同じお金の流れ、ということ。

露出方法もテレビと比べれば多く、テレビの場合1時間当たり15秒×10程度だが、

Gyaoの場合は、番組視聴中に、常にトップバナーが掲載される。15分の番組なら、

CM枠は当然15分。

前のブログでも書いたが、ネット広告市場は大きくなってきている。

今までは動画が見られる環境のある家庭が少なく、採算が合わなくなってきたが、

現在Gyaoは会員240万人。広告枠の作り方も多様化し、Gyaoのようなかたちで、

ますますネット広告市場は大きくなっていくだろう。

そうなれば、ネットの影響力も、だんだんとテレビに近づいてくる。

今までネットの影響力といえば、

2ちゃんとか、

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!とか、

ネットアイドルとか、

SNSとか、

やっぱりネットの域を出ないものがほとんど。


逆にテレビの場合。水泳を例に取ると、最近まで水泳は今ほどメジャーではなかった、

それが2003年に、テレビ朝日が電通とタッグを組んで、スポンサーを集めて、

番組枠をゴールデンに近いところに集めて、今までの世界選手権を、勝手に

「世界水泳」

とわかりやすく名づけて、一気に「変革」を起こし、そこにベストタイミングで力をつけてきたのが、

北島康介。

果たして岩崎恭子が金メダルを取って、ガムのCMに出られただろうか?

アクエ○アスのCMの出られただろうか?

最近知名度アップに伴い、日本選手権の客層も、入場料も、大幅に変化した。

テレビの影響力はここまで及ぼす。

ただ、今後はネットの影響力も、ネット内だけのものにおさまることなく、

リアル側への影響も大きくなっていくはず。

そうなったとき、自分で何が出来るか、それを今蓄える時期。
[PR]
by exyamoo | 2005-09-26 00:44


<< 【本日2度目】ゴーン社長が救っ... 【本日2度目】ふにゃふにゃ >>