ヒルズで有名なあの会社へ移動!

引越しします。

人じゃなくて、ブログです。

http://blog.livedoor.jp/yamoo1/


今まで以上に充実した内容にしてゆきます。
[PR]
# by exyamoo | 2005-10-12 01:26

アフィリエイトの出来ないexiteでアフィリエイトのことを書く

アフィリエイトのできないexiteで、アフィリエイトを書いてみる。

mixiなどを見ても、アフィリエイトで稼いでいる人が良く見られる。

仕事上、夏過ぎくらいかた法人個人を問わずアフィリエイターの方と話す機会が

多くなってきたせいか、アフィリエイトに関して日々知識がついてきている。

新聞を読んでいても、週に一回はアフィリエイト関連の記事を目にする。

ヤフーも参入して今後市場は大きくなると見ている。

アマゾンが先駆者だが、アドセンス、オーバーチュア、広告の種類も多様化している。

その多様化に惑わされずに逆に多様化を上手に活用できるかどうかが、儲けの仕組みを

生み出せるかどうかのラインになってくるだろう。
[PR]
# by exyamoo | 2005-10-09 03:20

【危険!】40年間死亡診断書を書かなかった医師




最近大好きな牛乳、ヨーグルトを一切やめた。

学生時代の頃から、牛乳は良くない、という話をウワサ程度に聞いていたが、

今回を機に本格的に摂らないように決める。

そこまで

「ヤバイ!!」

と決断させたのは、新谷弘実先生著「病気にならない生き方」

乳製品を良く摂る国は胃腸の病気が多い理由、

市販の牛乳を母乳の代わりに子牛に飲ませると、その子牛は4、5日で死ぬ理由、

人間よりも温度の高い生物の脂の摂取は融点の違いにより人間には毒な理由、
(=鶏豚牛全て)

ライオンが獲物の捕獲後に必ず内臓から食す理由、

人間の歯が32本な理由、


全ては「エンザイム(酵素)」という一言に集約させている。

このリンクに要約が掲載されているので、長生きしたい人だけ必見。

※こちらのブログ(引用:ogygian様)にも詳細があります。


どれだけ人生頑張っても、明日死んだらイヤですから。
[PR]
# by exyamoo | 2005-10-08 18:55

笹塚散策(中華を食す)

久しぶりのOFF。しかも3連休。

今日は用もないので久しぶりに明るいうちに近所を歩いてみる。

いつも歩いている道なのに、風景がまるで違う。

そのまま歩いて鍋家(こうや)へ。

土日でもランチをやっているのはありがたい。

いつも夜は隣のCHANTIだが、土日はランチやってない。

今日は一人だし・・・・。

CHANTIのドレッシングは2ちゃんでも話題になるくらい独特で、うまい。

今のところ、生涯イチうまい。

目の前の「栖(すみか)」も11日再オープンだし、

意外とこのへんもいいところある。
[PR]
# by exyamoo | 2005-10-08 18:00

「負けない」戦略

世の中競争だらけ。

スポーツ、ビジネス、勉強、グルメ。

ネット、リアルを問わずになんでもランキングになる。

その競争のなかで、やっぱり「一番」は違う何かを持っている場合が多いとつくづく感じる。

ソニーは最近、ピンチピンチと言われているが、やっぱり他と違う。

「負けない」戦略を感じる。

スポーツなどでも、もちろん時と場合によるが、

「イチバン」はなるべくしてなっている場合が多い。

要素としては「想い」と「量」だと思う。

イチバンになりたい想いが負けない戦略を生み出し、

誰にも負けないイチバンの量をこなすと、イチバンの質に転換していく。

シンプルだけどコレを継続することはすごく難しい。
[PR]
# by exyamoo | 2005-10-05 06:20

ヒト休み・・・・・・・・・・せず、・・・

休日出勤。

いつもどおり9時に会社に着く。もちろん、誰もいない。

12時まで誰も来ることなく、一人で黙々と仕事をこなす。

つくづく思う。


一人が好きだなって。


この前も上司に言われた言葉。

「ネクラじゃないけど、コツコツやるタイプ。細かいところに気がつく力は一級品」

その才能?を買われ部署の管理を任される。適材適所。

営業も一人で行くとすごくラク。

水泳のよる影響が大きいのかも。
[PR]
# by exyamoo | 2005-10-02 22:40

目標コラボレーション

昨日からうちの会社も新しい期に入った。

学校で言えば新学期。新しい人も入ってきた。

目標も新しくなる。

今日は休みだが、ゆっくり自分のペースで今月の目標を立てている。

参考は原田隆史氏の目標達成シートと、

今日のisozumi.com

五十棲氏の目標に対する考え方には驚かされた。

その考え方を取り入れ、目標達成シートに入れてみる。

今月からは営業と、運営を任された。

個人営業だけでなく、部署に対して責任を持たされた。

「無計画は失敗の計画」

このコトバだけ忘れずに、取り組んでいきたい。
[PR]
# by exyamoo | 2005-10-02 22:23

出会い系メールから新聞の価値について考える。

PCでのメールを携帯で見たいと思う機会が増え、

久しぶりに携帯のドメイン指定を解除した。

プライベートのメールというよりは、仕事上の都合。

クライアントのモバイルメールを受け取るのがメイン。

僕のメアドは@docomoの前が6文字しかないため、PCメールプロテクトがない時代は

大変だった。

「アドレスたるもの、シンプルに」

という個人的な小さなこだわりを通すためにもかれこれ3,4年前、

ドメイン指定にし、PCメールはブロックした。

それが今ドメイン指定をはずしたにもかかわらず、

ほとんど出会い系メールが来ない。

丸一日来ないときもある。ピーク時1日50通くらいきてたことを考えると、だいぶ

「縮小」

した感がある。

流行り廃りの速さを感じるし、やはり非合法的なものは続きにくいという再認識。

ビジネスの大小にかかわらず、しっかり時代の潮流を見極め、その一歩先を行く、

視野が必要になる。そのためには現状得られる最も先端名情報に敏感になること。



そう紐付けて出会い系から日経を読むことの大切さを説いてみる。
[PR]
# by exyamoo | 2005-10-01 03:29

【本日3度目】細木数子から学ぶ3つのトーク術

早く仕事が終わり、久々にゆっくりテレビを見る時間があった。

つけたテレビが細木数子さんの番組。すごい説得力。

見ていて感じた細木さんから学べる3つの「良い話し方」。

①常に自信に満ち溢れた態度

②抑揚

③原理原則


①例え心のなかに迷いが合ったとしても、顔に出さない。

営業にしても1対1のコミュニケーションにおいて必ずそこにはイニシアティブが存在する。

常に相手に隙を見せない態度。


②声の張りによって、惹きつけられる。単語が間違っていようと、

「あー、細木さん、読み方間違ってるよ~そんな人信用できないな」

なんて思わせない。ボソボソ同じ内容を喋っていたら、そうなるだろう。


②どうしても人間頭が良くなると小手先の部分に走りやすい。

今日の細木さんも「枝葉末節論」と連呼していた。

一番の大前提に原理原則を見つめ、その上で、細かい部分を言えば、バランスが取れる。

だから、細木さんも細かい部分を言うな、といっていたわけではなく、

大局、目先、両方を大きな視野で捉えろ、といってたはず。




会話を今後一切しない人以外はあの人から得られるものはたくさんあるはず。
[PR]
# by exyamoo | 2005-09-28 01:31

【本日2度目】人を惹きつけるアトラクティブな文章の書き方

最近このブログのアクセス数が急上昇している。

もちろん、意図的に上げている。

トラックバックをして露出を高めることはもちろんだが、タイトルには最近気を使う。

最近定期的に読む雑誌でプレジデントがある。

この雑誌の表紙はビジネスマンのかゆいところに手が届きそうな、

「あ、これ読んだら今の自分の悩みが解決できそう」

「あ、これ読んだらもっと成長できそう」

こんな衝動に駆られるようなつくりになっている。

内容が濃いからこそ、定期的に読んでいるのだが、それ以上に表紙の人を惹き付ける文章力には

いつも勉強させられる。

ビジネス雑誌の平均が50点なら、

「魅せ方100点、内容75点」

という感覚。正直、表紙ほどの内容はないが、それでも平均点以上の内容なので、

「お、よさそうじゃん・・・・・・・・な~んだ、読んで損した。。。。。」

ではなく

「お~!!ムチャクチャ惹かれる!・・・・・・・・・・・ふ~ん、買ってよかったカナ」

という感覚。損した気分にはならないから、リピートする。

最近は仕事の関係上、メルマガの文章であったり、サブジェクトについて、案を求められる。

そこでいつもこのプレジデントに教わった見せ方、

「入り口は強烈!でも中身で損したと思わせない」

というところを意識している。

そのコツは、「うそをつかないこと」。

そして、「軽すぎず、重すぎず、くすぐるような」感じ。

あまりに誇張な表現は逆効果。

このブログのサブジェクトもブログを書いている人なら誰もが思う、

「もっとうまい文章が書きたい!」

という願望をくすぐるようにしている。

そして実際にそれがうそではなく、何かヒントを与えられるような内容にしている。

メール

ブログ

メッセンジャー


ビジネスにおいても、プライベートにおいても、「書く」ことが多くなってきた。

この「書く技術」がビジネス力に間違いなく直結する。

トレンドに敏感なプレジデントの最新号で書く技術がタイトルの中心になっている。

「書いて魅せる」ことに対していかにアンテナを張って、学ぼうとする姿勢を持ち続けるか、

今まで以上に重要になってくる気がする。
[PR]
# by exyamoo | 2005-09-28 01:10